トレティヴァはアキュテインのジェネリック医薬品?【ニキビ治療薬】

トレティヴァはアキュテインのジェネリック医薬品!正真正銘のニキビ治療薬!
効果効能そのままに、さらにお得に購入できるから大人気なんです◎

「ジェネリック医薬品のことがイマイチ分からない」
「安全性も一緒なの?」

そんな疑問に応えるべく、今回はジェネリック医薬品についてお話します。

安全性も効果効能もバッチリ!ジェネリック医薬品について

白シャツの男性が質問がある様子
ジェネリック医薬品とは、先に開発された先発薬の後に開発されたお薬です。トレティヴァでいうと「アキュテイン」が先発薬にあたります。また同じ有効成分を使っているため、効果や安全性はすでに保証済み!実際の医療現場でも使われているお薬のため、安心して利用できるのです。

アメリカではシェア率がすでに90%!さらにドイツやイギリスなど、世界各国ではすでに広く認知されているのです。日本でも、厚生労働省が2020年までシェア率を80%以上に伸ばすことを目標に掲げています。

日本ではなぜ認知が低い?利用するメリットとは

日本では、実際に医療用医薬品をとりあつかう医療従事者への誤解から、他国と比べてジェネリックの利用度が著しく低下していました。たとえば、薬の効果や副作用、安全面の誤解です。この事態をおもくみた厚生労働省が自ら先陣をきって、ジェネリック医薬品の普及を広めているのです。それには、以下の大きなメリットがあるから↓

・自己負担額の軽減
病院へいき治療薬を処方してもらうとき、保険料を差し引いた金額を自己負担します。ジェネリック医薬品の場合、先発薬よりも販売価格がやすいため、自己負担額が軽減するというワケ。長期服用が必須のお薬ほど、経済的でお得なんです。・医療費を削減
上記とおなじく、保険料の支払額がジェネリック医薬品により抑えられるため、国の負担額が減ります。わたしたちが普段、定期的におさめている保険料削減へもつながるのです。

ジェネリック医薬品の「効果」や「安全性」は大丈夫?

手に薬を置いている
はじめに、ジェネリック医薬品の前には「先発薬」といわれる、新薬が開発されます。新薬を開発するためには、数百億~数千億円もの開発費用がかかっており、その開発期間も約20年前後と成人1人が成長するほどの時間を費やしているのです。

わたしたちの手元に届くまでには、たくさんの検査と審査があり、治療薬としてのメリットと副作用を検証します。また開発した製薬会社は、「特許期間」と呼ばれる独占的に製造・販売ができる権利を申請。この特許期間が終了してはじめて、後発薬と呼ばれる「ジェネリック医薬品」が開発できるのです。

すでに厳しい審査をパスした有効成分を使っているため、同等の効果なのはもちろん、その安全性もお墨付きというワケ。さらに膨大な開発費用や時間もかかっていないため、新薬よりも安く手にすることができるのです。

ジェネリック医薬品は「飲み方」も「形状」も進化している治療薬

ジェネリック医薬品のメリットは、販売価格だけではありません。新薬で開発されたお薬をより飲みやすく改良されていることが多く、錠剤やフレーバーつき、粉錠など消費者にとってありがいたいメリットの一つ。

ジェネリック医薬品を購入するにはどうすれば?

個人輸入代行のように、自分で購入する場合はサイト内をボタン1つでクリックし、ジェネリック医薬品を選ぶことができます。しかし、病院や薬局などではどのようにすればよいのでしょうか?以下の4つの方法があります。

・直接、医師に伝える
・病院の受付で伝える
・薬店など薬剤師に伝える
・ジェネリック医薬品希望カード(シール)を提示する

 
一般的におもいうかぶのは、医師へ直接伝えることですが、その他にも色々な方法があります。
例えば、「面と向かっては言いにくい」「人見知りをするから恥かしい」ということであれば、はじめだけ医師や薬剤師にその胸を伝え、ジェネリック医薬品希望カード(シール)をもらえば、どの病院でも提示することができます。ただし、全てのお薬がジェネリック医薬品が対応しているわけではありません

まとめ

トレティヴァはアキュテインのジェネリック医薬品です。そのため効果や安全性も同等にかわりはありません。もちろん医療用医薬品のため、副作用や服用できない方もいます。とくに病院を介さず、個人輸入代行を利用する場合は、十分な知識をいれてから購入・服用をしましょう。

長期の服用が必要な症状ほど、ジェネリック医薬品はお得です。コストを削減して、治療に専念!前向きに向き合っていきましょう。