ニキビの種類は場所で判断!大人ニキビと思春期ニキビ

キレイな肌の女性
「最近、いつもとは違う場所にニキビができる」
「寝不足だとニキビができやすくなった」

年齢とともに、ニキビのできかたにも変化がでてきていませんか?

一口にニキビといっても、大きく分けて2つに分けることができます。
「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」です。

思春期ニキビは、10~20代の主な過剰な皮脂分泌が原因といわれており、Tゾーンや鼻周りにニキビが発生します。反面、大人ニキビといわれるのは20代以降で乾燥が原因により、Uゾーンや首、デコルテなどにできやすいニキビです。

それぞれで原因が違うため、治療法や予防方法もことなります。
とくに大人ニキビはホルモンとの関係やカラダの健康状態によってもできる場所がことなります。ココからは自分のニキビの状況を把握し、早期治療につなげるためにも、その種類についてもっと詳しくみていきましょう。

「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の違いについて

「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」には、以下のように大きな違いがあります。

思春期ニキビ 大人ニキビ
年代 10~20代前半 20代以降
原因 過剰な皮脂分泌 乾燥
できやすい箇所 Tゾーン、鼻周り Uゾーン、首、デコルテ、おでこ

それぞれアクネ菌が原因です。
しかし、アクネ菌が発生する根本原因がことなります

「思春期ニキビ」では、思春期特有のホルモンバランスの乱れから、過剰な皮脂分泌になり、ニキビができやすく、また悪化しやすいのも特徴です。いわゆる「クレーター」といわれるニキビ跡は、この時期になりやすく跡に残ってしまうと完治するのは難しいといわれています。

「大人ニキビ」の場合、ストレスや不規則な生活習慣により、肌のターンオーバーがうまくいかず、ニキビができやすくなります。

思春期ニキビの対策

思春期ニキビはほっておくと、跡になりやすいもの。
以下の注意点を心がけ、ニキビのできにくい肌をつくりましょう。

・肌状態を清潔にする
・洗顔料は低刺激でやさしく洗う
・保湿を十分にする
・ビタミンを多く含んだ食生活をこころがける

大人ニキビの対策

1度できてしまうと、意外に頑固なのが大人ニキビ。
そんな大人ニキビを撃退すべく、以下のポイントをおさえましょう。

・睡眠の質を上げる
・ストレスを軽減する
・バランスのよい食生活
・紫外線対策をする
・肌への刺激を減らす

大人ニキビはターンオーバーがカギ!

大人ニキビは思春期ニキビと違い、さまざまな原因が考えられるため、できにくい肌状態をキープすることがポイント。

とくにターンオーバーを整えることは重要で、1度乱れてしまうと数カ月間ニキビに悩まされることになります。
またターンオーバーは年齢によって周期がことなるため、年代別でスキンケア方法を変えなければいけません。

「今までのスキンケアが合わなくなってしまった」

と感じるのは、ターンオーバーの周期とズレがでてしまったためです。

年代別!ターンオーバーの周期について

男女ともに、ターンオーバーの周期はどんどん遅くなっていきます。

ターンオーバーのサイクル

ターンオーバーの長さについて

ターンオーバーは短すぎても、長すぎてもNG。

ターンオーバーのサイクル 肌トラブルの理由
短い 未熟な細胞が表にでるため、肌のバリア機能が低下。ニキビなどトラブルになりやすい。
長い 老廃物が外へ排出されていない状態。新しい細胞ができるのを邪魔してしまう。

保湿で肌を整えよう!ニキビを予防する

思春期ニキビも大人ニキビでも、ポイントは肌の保湿です。
乾燥した肌は、肌を潤そうと過剰分泌になり結果、思春期ニキビのように大きな炎症ニキビができてしまうというワケ。

さらに大人ニキビの代表格「Uゾーンニキビ」は、乾燥しやすい箇所
そのため顔だけでなく、デコルテまで保湿ケアを心がけていきましょう。
スキンケアについてはコチラ