トレティヴァ通販|スキンケアを見直し!ニキビ予防と改善について

トレティヴァなどのニキビ治療薬は効果が高い半面、副作用もあります。

そのためニキビを中度~重度のニキビになる前に、毎日のスキンケアを見直すことはとっても大切なんです。そこで今回は、毎日のスキンケア方法とお肌についてお話します。

スキンケアは保湿が大切!肌バリアを高めよう

肌は保湿が大切!バリア機能を高めよう
ニキビができにくい肌をめざすには、肌を強くする必要があります。
アクネ菌や外からの細菌に負けない肌にするには、バリア機能を高めなければいけません。

そのために重要なのが「保湿」。

うるおった肌と乾燥してカサカサした肌では、バリア機能の差がはげしく、うるおいある肌はトラブルになりにくいのです。

ニキビだけじゃない!乾燥が招くトラブルについて

「肌がかゆい」
「ヒリヒリして痛い」

これらは肌が乾燥していることを意味します。
ニキビだけでなく、以下の肌トラブルになるリスクが高まるので早急な保湿が必要です。

・外部から細菌が入りこみやすい
・敏感肌になりやすい
・シワになりやすい
・紫外線の影響をうけやすくシミになりやすい

洗顔は「美肌づくり」の基本!

洗顔は美肌づくりの基本
洗顔は美肌づくりの基本です。
カラダ同様、1日の汚れをキレイに落とすことは健康な肌づくりに欠かせません。

とくにメイク時は、クレンジングでしっかりメイクオフします。
メイクをしていない方でも、表面には汚れが付着している状態です。

毛穴の奥の古い角質を落とすことで、清潔な肌をキープ、ニキビの発生を防ぎます。
さらに毛穴の開きや黒ずみを予防していきます。

洗顔やクレンジングでとくに重要なポイントはこすらないこと。
ついゴシゴシ洗いになりがちですが、摩擦により肌は傷ついてしまいます。

クレンジングはのせるだけで汚れが浮き上がるものがオススメ。
洗顔は、よく泡立て泡でやさしく落とすようなイメージで汚れを落とします。

スキンケアの基本!簡単3ステップ

健康は肌状態であれば、スキンケアの基本ステップは以下の3つ。

1、化粧水
2、美容液
3、乳液

 
化粧水
肌表面の水分量を整え、美容液や乳液がはいりやすい状態をつくります。

美容液
肌へ栄養をおくります。足りない栄養分を補う役割を担っているため、アンチエイジング目的で利用されることがほとんど。

乳液
化粧水や美容液をしっかりカバーしていきます。それぞれの成分が逃げないように、最後にフタをする役割を担います。

ニキビのできはじめは外用薬がオススメ!

まだニキビが小さい、初期のニキビには塗り薬の外用薬がオススメです。

いつものスキンケア後にニキビ患部へ直接塗っていきます。
治りをよくするだけでなく、ニキビ跡になりにくいメリットも◎

オススメの塗り薬をご案内します。

アダフェリンジェル(ディフェリン)

アダフェリンジェルでニキビ治療する
とくに顔にできた大人ニキビにオススメの外用薬です。
ニキビ跡にも効果的といわれており、炎症しているニキビ以外にも利用できます。

有効成分である「アダパレン」は、白ニキビや黒ニキビを抑え、赤ニキビの炎症も抑えていきます。
さらにニキビができにくい肌にしてくれる効果も。

>>購入はコチラから
 
 

ベンザックジェル5%

ベンザックジェルでニキビ治療する
軽度~中度のニキビ肌に悩んでいる方へオススメ。

有効成分「ベンゾイル」が、アクネ菌を殺菌し古い角質がはがれやすくし、ニキビができにくい肌をつくります。
とくに進んでしまった赤ニキビの治療に最適な外用薬です。

>>購入はコチラから

トレティヴァは最後の砦!ニキビは予防と肌質改善が大切

中度~重度まで進んでしまったニキビ肌には、トレティヴァなど内服薬がオススメです。
しかし、これらは医療用医薬品にあたるため効果がある半面、副作用もあるお薬。

毎日のスキンケアでニキビができにくい肌づくりをこころがけ、早期治療をめざしましょう